現在をうろうろ(4765)
日本貧窮者経済新聞
 あれ?幼い普ちゃんの金融政策で自殺者が減ったって・・・?噴飯ものかね?(4)→この最初へ

 さて、前回の続き・・・「自殺者減少」はアベノミクスで失業率が低下した成果だ 高橋洋一の俗論を撃つ! ダイヤモンド・オンライン 何だか、知の基盤が私と違っているので面白いね・・・経済学は面白いが・・・こんな風な論の構築の仕方もあるのかと・・・経済学の系列が違うから面白いね・・・こういった大先生の講義も聴講してみたいものだと・・・数字の魔術が見られるかもしれないしね・・・

 また金融政策と社会安定の関係についての日銀の認識も、はっきり言えば心もとない。

 考えている経済学の違いではないかと思うがね・・・日銀の認識は私の認識に近いのだろうとね・・・通貨管理政策が柱ですからね・・・貨幣数量説に従っての政策・・・基盤だから。

 2013年4月、黒田東彦・日銀総裁は総裁就任の記者会見で、デフレが長く続く中で、自殺者数が高止まりしていることと金融政策の責任を問われたが、その発言がそのことを示している。

 はあ・・・自殺者は平成10年ごろから急増で、1998年ね・・・私はこの頃何をしていたかね・・・映画タイタニックの時か・・・命がけでデータベースの構築をやっていたね・・・AS/400上のデータベースをWindows上に展開、リレーションを組んで・・・まあ、リレーショナルデータベースの運用実績は、個人的にあったのでね・・・IDで結ばれる形の1万人規模の模試と入試のデータをファイルでもらって・・・あんなものを、片手間に作って資料を出したのが運の尽きでしたけどね・・・情報処理の連中は、ファイルの使い方が分からなくて泣きついてくると思ったようですが・・・結局、AS/400のチームは逃げ出して・・・代わりに全業務のシステムをテスト処理も含めて・・・おかげで鍛えられましたね・・・相談相手もいないからね・・・AS/400からコピーされたデータファイル群を解析して、再構築・・・教材や授業料の体系をコード化したりと・・・半年もテスト関連の処理システムの開発をやって・・・急に暇になって、その反動で死にたくなったね・・・

 何であの頃自殺者が増加したのかね・・・?これ以前の状況に戻ったようですが・・・突出した50代の男の自殺者が元に戻ったのが大きいようですね・・・あとは、若年層の自殺の増加が以前と違うのかな・・・自殺対策白書(本体)|厚生労働省 自殺の原因・動機として最も多く計上されている「健康問題」、減少率が最も著しい「経済・生活問題」、若年層において比較的多く原因・動機として計上される「勤務問題」及び「学校問題」・・・だとさ。

 経済的なものは・・・やはり、借金の取り立ての厳しさの緩和ですかね・・・?リスケとか・・・中小企業経営者が随分と自殺してきましたからね・・・2割近くが経営者の自殺と言われますからね・・・倒産による失業、勤務問題へ・・・この部分が減少して50代の男性自殺者の減少につながった可能性は高いから・・・アベノミクスの中小企業をゾンビ化させる政策が自殺回避に大きく貢献したというべきじゃないかね・・・?

「自殺云々の話は、昔から有名な──確か大学の時に習いましたが──、デュルケムという有名な社会学者の研究など色々ありますが、私が日本銀行総裁として、わが国における自殺の原因について特別の知見があるわけでもありません」と、答えただけだった。

 まあ、関心があるのは・・・不調な会社の経営者の宿命的自殺が・・・宿命がリスケという形で緩和されたので・・・自殺者が減った・・という辺りなのでしょうからね。金融政策は・・・物価に影響を与えるが、生活や雇用などは関係ない!の立場だからでしょうね・・・

 筆者は、米国プリンストン大に留学した時に、後にFRB議長になったバーナンキ教授やノーベル経済学賞受賞のクルーグマン教授、FRB元副議長ブラインダー教授、スウェーデン中央銀行副総裁になったスベンソン教授らの講義を聴いたり話をしたりする機会があった。

 彼らの間では、中央銀行が雇用に責任を持つことは、常識中の常識だった。

 経済の安定の中に雇用は含まれるからでしょうからね・・・ただ、雇用というターゲットを考えていないだけでしょうね。しかし、アベノミクスの成功を・・・失業率の低下を基本に、金融政策で説明するには・・・日銀の基本とする管理通貨制の根拠から外して説明しなければならなくなるから・・・こんな風な書き方になるのかね・・・

 また雇用(失業率)と自殺率の間に相関があるのは、上記の図や社会学的にみても明らかだ。

 だから・・・中小企業の延命策が自殺の減少を招いたのであろうと思うのだがね・・・倒産寸前の会社はつらいよ・・・

 したがって、金融政策が自殺の多寡に大きく関係するのは当然だろう。

 偉大なる安倍晋三閣下の政策の・・・じゃなかった、2008年2009年が中小企業の倒産のピークね・・・左が・・・中小企業庁:2018年版「中小企業白書」全文 の、第1章:中小企業の動向 からね。

 右が自殺対策白書(本体)|厚生労働省 自殺者の推移ね・・・残念ながら・・・2010年から低下しているね・・・中小企業を潰さない政策の効果であろうかと・・・民主党の政権下での政策の結果じゃないかね・・・?この2つの統計資料の相関関係の方が、真っ当だと思うがね・・・自殺者に関しては・・・中小企業金融円滑化法の亀井君の手柄じゃん・・・

 金融政策と雇用でいえば、日本の経済学者で、上記のマクロ経済の関係を数量的に理解している学者は一流でも少ないように思われる。数学や統計の基礎訓練が海外と比較してできていないからだろう。

 金融政策でも・・・これって、金融庁の管轄だから、日銀とは違うね・・・中央銀行と金融庁の役割の違いというだけじゃないかね・・・?まあ、私などは三流私立大学出ですが・・・小学生相手に、中学入試の複雑な図表の読み取りなどを教えていましたからね・・・マクロ経済学も他の系譜の経済学との関連で理解はしていますからね・・・「常識的な」統計の読み取りは上手いのでね・・・

 確かに失業率も・・・日本の人口・就業者・失業率の推移 - 世界経済のネタ帳 左のように2010年以降減少に転じていますが・・・なぜ失業する?会社が倒産するから・・・失業率の低下は2010年以降・・・幼い普ちゃんの威力かね・・・?

 残念ながら、これだけ並べると・・・幼い普ちゃんのヨイショの話しじゃなくなるのでは・・・?上記のマクロ経済の関係を数量的に理解している学者は一流でも少ないように思われる。数学や統計の基礎訓練が海外と比較してできていないからだろう。・・・こんな事では、私などは驚かないのでね・・・私の様な三流の人間でも論破可能じゃね・・・数学や統計の基礎訓練が海外と比較してできていないから・・・これは、確かにあるね。私なども、それを専門に近い形で教えていたから、統計資料の読み取りは上手くなっただけですからね。麻布や武蔵の中学入試の理科では特に重要ですからね・・・教えられる教師が限られてしまうというのも事実だしね。対応する問題を作成する事の出来る教師は、ほんの一握りになるね・・・

 インフレ目標と雇用の関係についても、やや誤解がある。

 ああ・・・自由貨幣とか減価する貨幣、貨幣の中立などで示しましたが・・・私との理解が明らかに違うね・・・前回示した・・・財やサービスの多くが時間の経過とともに劣化するのに対し、インフレがないと仮定すると貨幣は価値が減らない。だから、インフレで対応するのがマクロ経済学だというだけね・・・

 インフレ目標は、雇用の増加に伴い一般的にはインフレ率が上がる傾向があるために、過度な雇用を作ろうとしてインフレ率が上がりすぎるのを防ぐ役割がある。

 このインフレの意味は何かね・・・・需要の拡大で生産が間に合わないから雇用を・・・この過渡期にインフレが始まるわけね。現状では、雇用する対象がいないわけね・・・需要の拡大も人口減少で無い、需要が無いから生産拡大も無い、だから雇用は増えないが、少子高齢化による人口減で、毎年40万人も減る中で・・・減少する労働者を女・老人を充てて補って回している状況という感じですからね・・・経営規模を縮小させたら・・・税収は減少して、幼い普ちゃんのポチ国の財政はどうなる?倒れるよ・・・

 だから、必死になって景気が良い振りをしなければならない状況下にあるだけじゃないかね・・・わ!夕飯の支度をして・・・食い忘れていたよ・・・一旦切って、温めて食わなきゃ!

2019.01.24

  

関係ないが興味深いもの
 今回は無し

時々チェックすべきもの


 首相官邸ホームページ
 国会提出法案|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ
 The White House
 U.S. Department of State
 United States Department of Defense (defense.gov)
 世界のビジネスニュース(通商弘報) - ジェトロ
 銘柄一覧 日本取引所グループ

 聯合ニュース
 AJW by The Asahi Shimbun
 日刊ゲンダイ
 List of national newspapers - Wikipedia, the free encyclopedia
 一般社団法人 日本経済団体連合会 - Keidanren


食べ物が・・・

 野菜ナビ

inserted by FC2 system