現在をうろうろ(4740)
日本貧窮者経済新聞
 韓国の防衛白書による北朝鮮の戦力は・・・?(1)

 さて・・・「北、要人暗殺部隊を創設」…韓国国防白書で見る北朝鮮軍の戦力 Joongang Ilbo 中央日報 どのような分析かね・・・?ちょっと気になりますね・・・

 韓国国防部は15日、「北朝鮮軍が要人暗殺作戦を担当する特殊部隊を創設した」と明らかにした。この日公開した『2018国防白書』でだ。また、国防部は「特殊戦部隊を別途軍種(陸軍など軍隊の種類)に分類して能力を高めている」とし「全体特殊戦兵力は約20万人」と推定した。軍当局は特殊作戦軍の創設時期に言及しなかったが、白書でその実体を確認したのは今回が初めて。北朝鮮の特殊作戦軍は2017年4月の金日成(キム・イルソン)主席第105回誕生日記念軍事パレードで初めて姿を現した。当時、北朝鮮メディアは「キム・ヨンボク陸軍上将が特殊作戦軍閲兵縦隊を引率した」と明らかにしたが、軍当局は判断を留保した。しかし北朝鮮が韓国の特殊戦司令部と似た部隊を別途の軍種に格上げして運営中という事実が把握され、有事の際の新たな脅威に浮上した。

 特殊兵力で20万人か・・・これって多くないかね・・・?こんなにいたのでは、特殊性が・・・特殊部隊の主たる訓練施設は・・・38°53'53.7N 125°56'33.0E - Google マップ この辺りのようですが・・・

 Aが先に示した座標の市街戦訓練施設ね・・・Bが射撃場で、Cが降下訓練施設という事でしょうね・・・この辺りの山を走り回っているようですがね・・・ここの他に、何か所か、特殊作戦部隊の訓練施設と思われるものがありますが・・・20万人ね・・・?

 特殊作戦部隊って・・・随分と凄い事になっていますが・・・私には、あまり凄さが分からない・・・だって、確かに3日ぐらいは鬼神の如くですが・・・長期間の作戦は困難ですからね・・・

 所詮は小さな作戦を行う特殊装備の歩兵連隊程度の物ではないかと思いますがね・・・

 普通の歩兵に現代的な野戦を行える装備を施したもの・・・個人用暗視装置を有する部隊が・・・総数20万なのかね・・・?暗視装置も、近頃はサーモグラフィーのような・・・遠赤外線領域まで利用したものが普及しつつあるような感じですからね・・・とにかく、北朝鮮軍の夜間戦闘能力は先進国の軍隊並みになって来ているという事ですかね・・・?

 北朝鮮の空挺部隊は・・・およそは把握しましたが・・・とりあえず、落下傘降下塔があるのでね・・・

国防部は過去2年間の北朝鮮の軍事力増強状況も伝えた。北朝鮮が水素爆弾の開発に取り組んでいると軍当局が評価した部分が目を引く。白書は特別付録の「北朝鮮の核・ミサイル開発経過および評価」で、「2017年の6回目の核実験で核爆発の威力は約50キロトン水準と、過去に比べて著しく増大した」とし「水素弾試験を施行したものとみられる」と評価した。核兵器を作ることができるプルトニウムを50キロ、高濃縮ウラン(HEU)も相当な量を保有したと推定した。軍関係者は「北朝鮮が保有する核物質で核弾頭を作って武器化されたかどうかは確認されていない」と説明した。これは2016年の白書と似た評価だ。しかし米国などでは最近、北朝鮮が非核化協議に入りながらも持続的にHEUなど核物質とミサイルの生産活動を続けているという懸念の声が出ている。

 水爆などの製造を行っている場所は不明ですが・・・可能性の高い場所は・・・根拠はまるで無いですが・・・40°01'42.6N 125°18'37.0E - Google マップ この北に広がる谷が怪しいですがね・・・ここは、見かけは大したことは無いのに、何故か送電系がね・・・幹線級の送電があるようですから・・・重要施設で、しかも・・・爆薬を扱っているわけでね。

 まあ、水爆の原理とか、基本的な構造・・・中性子レンズとかね、そういったものはネット上に技術情報があるしね・・・通常は関連の無いいくつかの技術分野の統合で製造は可能でしょうからね・・・高濃縮ウランは・・・ウラン鉱石は北朝鮮に存在しているし、精錬法は明瞭だしね・・・濃縮技術は・・・基本的なジェットエンジンの製造技術などもあるでしょうから・・・技術的なハードルはそれほど高くないでしょうからね・・・

 いずれにせよ・・・核の平和利用までの放棄はしないわけですから・・・心配の種にはなるね・・・幼い普ちゃんのポチ国だって、自前での燃料サイクルをやっているので・・・核兵器疑惑は持たれるわけですからね。貸与品の核兵器に転用可能な物質は回収されちゃいましたしね・・・幼い普ちゃんのポチ国だって、疑惑の対象でもある・・・そういったものですからね。

北朝鮮のミサイル能力について国防部は「北朝鮮が実戦配備したり開発中の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の種類は大幅に増えたが、技術水準は未完成」という立場を表した。北朝鮮が2016年から集中的に発射実験を実施した「火星12」(5000キロ)、「火星13」および「火星14」(5500キロ以上)、「火星15」(1万キロ以上)ミサイルの射程距離を推定し、保有(開発)したと紹介したのが特徴だ。特に白書は「(北朝鮮は)2017年に米国本土を脅かす火星14、15型を試験発射した」とし、北朝鮮のミサイルが米国を直接威嚇できる能力に近接していることを暗示した。ただ、弾頭の大気圏再進入技術を確保したかどうかについては「検証できる実距離射撃を施行せず、追加の確認が必要だ」と留保的な態度を表した。北朝鮮が発射したミサイルが米国本土に到達するには大気圏を抜けて飛行した後、目的地の上空でまた大気圏に進入するが、この過程で発生する7000度以上の高熱と衝撃から弾頭を保護できる能力がまだ検証されていないということだ。

 はあ?北朝鮮のミサイル技術を過小評価じゃないのかね?とりあえず衛星打ち上げ能力はあるしね・・・弾頭の大気圏突入技術などは・・・別に特別に高度な技術じゃないですからね・・・宇宙開発の初期でも再突入の・・・断熱材の不良での失敗は数知れずあったかね・・・?ライカ犬は再突入技術が無い中で打ち上げられましたが・・・あとは、再突入を果たしているのでは・・・?

 単に、米国の不安隠しのデマじゃないかとね・・・とりあえずは、耐火材のテストはやっていますからね・・・7000度以上の高熱だって、対処の仕方は広く知られているわけですからね・・・幼い普ちゃんのポチ国は弾頭の再突入技術を持っているしね・・・惑星軌道からの再突入にも成功させている・・・その技術情報だって、ネット上に存在するのでね・・・

 やり方が分かっているものが・・・7000度以上の高熱と衝撃から弾頭を保護できる能力がまだ検証されていない・・・と言っても、あまり意味を持たないね。

 米国の対応が火星15型辺りで大きく変わったわけですからね・・・冗談抜きの脅威に変わっただけね・・・従って、戦争終結への動きへと・・・幼い普ちゃんは馬鹿だから、未だに戦争を考えているのでは・・・?今度は、中国?韓国・・・?なんだか、馬鹿らしいが・・・経済の状況からすると危ないかもね・・・

 しかし・・・1960年頃は、宇宙空間に飛び出したロケットの中で生物が本当に生きられるか?そういった事が心配されていたのにね・・・ウサギやネズミ、植物や菌類などまで詰め込んで影響評価をやったりしていたわけですからね・・・当時でも、再突入技術は完成していてそれ自体が話題になることはあまりなかったのでは・・・?

北朝鮮軍の核兵器発射能力も2年前に比べて発展したというのが軍当局の評価だ。白書は「最近、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)搭載が可能なコレ(=鯨)級潜水艦を建造した」とし「2017年には地上型に改造した北極星2型を試験発射した」という内容を新しく加えた。また「北朝鮮の核兵器を使用する戦略軍は司令部配下に9個ミサイル旅団を編成すると推定される」と付け加えた。

 どれも、北朝鮮は派手な宣伝をしていましたが・・・合成写真だとか、旧ソ連のデザインの模倣だとか変な話ばかり流れていましたっけ・・・幼い普ちゃんのポチ国の軍事評論家のレベルの低さを目の当たりにしましたね・・・どこがデザインが同じなんだ?という世界ね・・・

 幼い普ちゃんのポチ国の軍事評論って・・・どういった情報を元にして為されていたのかね・・・私も、大昔は軍事マニアでしたが・・・単に、雑誌を眺めているという感じでね。限られた情報・・・大昔の帝国陸海軍の情報が中心で、世界に目を向けるものでもなかったね・・・というより、世界の兵器事情などは極めて限定されていた気がしますからね・・・世界となると・・・昔からあると言えば、世界の艦船ね・・・流石に、今更買い込んで読む気はしませんがね・・・北朝鮮の核兵器を使用する戦略軍は司令部配下に9個ミサイル旅団を編成すると推定される ふむ・・・一般編成に習っての推測かね・・・?新しいタイプの、40mの掩体を持つミサイル運用部隊は3つほどは確認していますが・・・あと6つは・・・?

北朝鮮軍の全体兵力は128万人で2年前とほぼ同じと評価されたが、韓国軍兵力は同じ期間に62万5000人から59万9000人に減少し、差はさらに広がった。

 北朝鮮は予備役などが多いですからね・・・128万人の推計のベースになっているのは何なのやら・・・?まあ、北朝鮮の軍隊は生産活動もしていますからね・・・北朝鮮軍の生産はGDPの何%程度なのやら・・・?結構規模が大きいのではないかとね・・・?軍の生産活動をどのようにGDPに計上するかも難しいね。中国も軍が映画会社を持っていたりとね・・・中国軍は兵器は国営企業が製造していますからね・・・近頃は、多少の民間委託もあるようですが・・・北朝鮮のGDPの推計もどうなっているのやら・・・?過小評価ではないかとね・・・?

 まあ、幼い普ちゃんのポチ国ではアベノミクスの成功を示すために日々統計の改竄作業と金融政策という粉飾が罷り通っていますからね・・・そろそろ破綻するのではないかとね・・・?辻褄合わせで済ませられる領域でない事が既にバレつつあるのでね・・・さて、一旦切って、お茶にでもするかね・・・

2019.01.16

  

関係ないが興味深いもの
 今回は無し

時々チェックすべきもの


 首相官邸ホームページ
 国会提出法案|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ
 The White House
 U.S. Department of State
 United States Department of Defense (defense.gov)
 世界のビジネスニュース(通商弘報) - ジェトロ
 銘柄一覧 日本取引所グループ

 聯合ニュース
 AJW by The Asahi Shimbun
 日刊ゲンダイ
 List of national newspapers - Wikipedia, the free encyclopedia
 一般社団法人 日本経済団体連合会 - Keidanren


食べ物が・・・

 野菜ナビ

inserted by FC2 system