古いレンズを使って

このところ、寒くて活動がかなり緩慢・・・その上風邪ひきですから、カメラを振り回す元気もありません。というものの、新しい機材をいじりまわしていたりもします。今回は、かなり高級で・・・昔のコンタックスのレンズです。テレテッサー300mmと200mmです。これらのレンズは優秀で、デジタル時代も対応できる能力を備えているようです。

まあ、私の撮り方からすると、解像度やコントラストとか、ボケ味とかはあまり関係ないのでしょうが、なかなか良いレンズです。結構シャープですね。

昔の一眼レフのレンズを使ってみると、案外収差が大きかったり、解像度が低かったりしますが、ツアイスのレンズはどれも良いですね。まあ、値段も高かったですが・・・

手元のカタログによれば、195000円也・・・高価なレンズだったんだなと改めて思うわけです。今では手の届く範囲になりましたけどね。この時代、こいつが買えなくて、代わりにヤシカの300mmを買ったような気がします。しかも中古で・・・あれも良いレンズだったとふと思います。

近いうちに探し出さねば・・・最後に家の中で見たときにはヤシカのFX−3についていたはず?広大な屋敷ではないのに、なぜか行方不明になります。先日もPSPが海岸の3畳の小屋の中で行方不明になって・・・これまた出てきません。

そう言えば195000円と言えば、その昔、オリンパスの600mmも同じ値段でしたっけ。なぜか、今では私の機材の中に紛れ込んでいます。ちょっと重いのが難点。

このあたりのレンズも設計に無理がないせいか、結構良く写りますね。昔の望遠系のレンズは、今のデジタル一眼にはよく似合います。何しろ、当時の1.5から2倍の焦点距離のレンズとして活躍し、しかも、中心付近の、映像の良い場所だけを使うわけですからね。

現在のデジタル一眼レンズに必要な、現代のデジカメ用のレンズは?そりゃ、広角系でしょうね。昔の22mmなんって広角レンズは、今の標準レンズですから・・・このあたりがちょっと困るわけです。こうなると、フルサイズのカメラを買わねば・・・
(2008.11.28)

inserted by FC2 system