現在をうろうろ(846)
日本貧窮者経済新聞
 国連創設70年のスピーチ・・・?(3)

 さて、続きですが・・・

 「天国に連れて行ってくれるものではない」と、国連について述べたのは、第二代事務総長のダグ・ハマーショルドでした。
 「しかし国連は、地獄行きからなら救ってくれる」と、有名なエピグラムは続きます。
 東西冷戦たけなわのころ、国連の意義を諦めず、情熱を燃やし続けた人の金言は、今なお私たちの心に響きます。
 しかし、日本に関する限り、国連の大切さを、誰かに説得してもらわなくてはならない必要は、まったくありませんでした。


 わ!これって、凄いエピグラムじゃん・・・謙遜と傲慢の対比?によるもの?・・・国連は天国へ連れて行ってくれるものではない・・・地獄行きから救うためにある・・・国連はこの世の組織で、この世の事を扱うための組織です。この世の地獄はどこにある?悲惨な第二次世界大戦の反省による組織ですからね・・・戦争の回避のためにあると言ってるのだと私は思っていましたが・・・これを引いて・・・さらに・・・連合国が生み出した国連について・・・日本に関する限り、国連の大切さを、誰かに説得してもらわなくてはならない必要は、まったくありませんでした。・・・って言うかね?まさか、耳を貸すつもりなど無いと言いたいのかね?それとも、冷戦のさなかは、警察予備隊から装備の貧弱な自衛隊で、アメリカ様からの出動の要請も無いから、日本は戦争の回避以前に冷戦を指をくわえて見ていただけだから、国連の大切さ以前の問題だったって?

 いずれにせよ、謙虚な人の言葉の後で、この傲慢な言葉を聞くとは・・・説得してもらう必要は無い!言いきるかね?民主教育を受けた事をも無かった事にしたいのか・・・

 なぜならば、皆様―、日本国民とは、国連の掲げる理想の下、自分たちに何ができるかを常に考え、力を惜しまない国民だからであります。
 その点、誰と比べても、人後に落ちないからです。これまで、そうでした。今後とも、そうであり続けます。


 凄いね、この傲慢な言い草・・・それなら、何故ファッショと言われる?日本国民の話で自分の話ではないから、ここまで言うのかね?私は日本人だけど、一般の日本人とは違ってファッショですが・・・日本人を信用して下さい・・・という立場で語っている?国連はこの世の地獄である戦争を回避するための組織であるとしているのに・・・戦争のできる普通の国になる事を並べるのに、国連の大切さは聞かなくても分かっているという言い草は・・・?・・・国連の掲げる理想を私が掲げる理想に書き換えると・・・欲しいものが分かりそうですね。

 まさか・・・美しい言葉を並べていますが・・・平和、戦争回避だって!そんなの分かってるよ!俺は軍拡をするんだ!軍拡無くして平和なしだ!聞く耳持たない!ざけんな!と書いてあるのかね?なんとなく、段落構成も近くなるし・・・意訳としては正しいような・・・?次は何だ・・・

 日本が払った国連分担金、PKO分担金の累計は、その時、その時の金額の積み上げで、200億ドルを優に上回ります。過去約30年、日本を上回る財政的貢献をした国は、唯一、米国を数えるに過ぎません。
 開発援助の実績は、これも当時の金額の積み上げで、3249億ドルに上ります。
 自画自賛をしているのではありません。59年前の初心を今日まで貫いたというそのことを、自らに言い聞かせ、皆様に知っていただくため、あえて、そう申し上げております。
 その上で、もう一度、訴えておきましょう。国連には、変化し、複雑化する国際社会の課題に応えられるよう、改革が不可欠であります。安保理を含む改革の実現が、欠かせません。


 ああ、これで安保理選は負けたかな・・・金をこれだけ積んだから当選させろ!としか聞こえない、世界第二位の経済大国だから2位の貢献をしなければならないから、当然のことだと思うが・・・しかも、自画自賛だけではなく、これだけ貢いでいるんだ!と叫んでるね・・・国連には、変化し、複雑化する国際社会の課題に応えられるよう、改革が不可欠であります。安保理を含む改革の実現が、欠かせません。・・・と言っても、脱退させないための緩い縛りにしている理由を作りだしたのはどこの国のためかね?何かあると、脱退のカードを出す国はどこかね?議論を尽くすどころか、説得されて帰る事を恥とする国が、どうして、複雑化する国際社会の課題に応えられるのか?当選した所で、何かをきちんとまとめ上げる能力はあるのか?国民の信用を形に多額の借金をして貢いだのは分かるが・・・近所づきあいもきちんとできないのに、複雑化する国際社会の課題に応えられるわけないのでは?

 あちゃ、また、不思議な歴史認識が出てきたぞ・・・

 日本と国連との関係で、もう一つ、触れておかなくてはならないことがあります。
 1990年代、東西冷戦が、私たち、自由で民主主義的な政治経済体制をもつ側の勝利として、終わったときのことでした。

 日本は、アマルティア・セン、緒方貞子といった指導者とともに、安全保障の概念に、ある根底的転換を促しました。
 「安全保障」という言葉の前に、「国家」でなく「ヒューマン」がつくのは、この時からです。
 それは時代の変化をとらえ、日本が、年来育ててきた哲学を、国連の課題、人類の課題として、信念を持って押し出した時でもありました。
 人間、一人、一人に重きを置き、読み書き、算術を教え、欠乏と、恐怖からの解放を図ってきたのは、近世以降一貫した、日本の歩みだったからでありました。


 冷戦の勝利者はいたのか・・・知らなかった・・・これで、東側陣営の票は無いね・・・冷戦に関しては勝者は、下手をすると中国とオーストラリアのような気がしますが・・・南半球は事実上東西対決には無関係で・・・どうも、私は冷戦下のSF小説の影響が強いのか「渚にて」などを思い浮かべてしまいます。冷戦が熱い戦争になった後の話ですけどね・・・そして、中国はソ連への肩入れをやめちゃいますからね。東側が分解したのは、1975年のヘルシンキ宣言の採択によるものではないかと思いますが・・・国家主権の尊重、武力不行使、国境の不可侵、領土保全、紛争の平和的解決、内政不干渉・・・これで、ソ連べったりの姿勢を取る必要が無くなったという事なのでしょう・・・国境の不可侵の合意で終わった・・・事実上、冷戦に疲れた末の決着だとね・・・

 人間の安全保障はそれ以前の安全保障より次元が違う・・・こちらの安全保障のための武力行使は認められませんからね・・・人間を保護するために戦いを起こそうとする人間を失くすことが主眼ですから・・・個々の人間が大切なら、人の命をすりつぶす戦争など・・・個々の人の命を等しく保護する責任のある国は敵として人を殺す事もできない・・・積極的平和主義とは相容れない概念ではないかと・・・もしかして、人間の安全保障に反対の意をここで示しているのか?これも、過去の回想で語っているとか?

 う・・・近世以降一貫した、日本の歩みだったからでありました。・・・近世以降って・・・グローバルな言い方だと、近世は旧世界を代表する東ローマ帝国の滅亡あたりから、社会が一変する・・・市民革命や産業革命、フランス革命、アメリカの独立以前を近世ですかね?日本は織田・豊臣政権あたりから幕末の開港期あたりですから・・・明治以降日本は人間一人ひとりに重きを置いて、欠乏とと恐怖からの解放を図ってきたのか・・・?人間の安全保障の概念の萌芽は明治期にあったのかね?その伝統を緒方さんが・・・信念を持って押し出して行った・・・全然知らなかった・・・日本に明治期から人間の安全保障の哲学が脈々と流れていた・・・確かに、キリスト者の中には、人間の安全保障に近い概念を、キリスト教徒の枠を越えて愛を説いたものもありますが・・・基本的にはルカによる福音書6章27以降の概念ですかね・・・32節以降を引いておきます・・・

 自分を愛する者を愛したからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。罪人たちでさえ、自分を愛する者を愛しています。自分に良いことをしてくれる者に良いことをしたからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。罪人たちでさえ、同じことをしています。返してもらうつもりで人に貸してやったからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。貸した分を取り返すつもりなら、罪人たちでさえ、罪人たちに貸しています。ただ、自分の敵を愛しなさい。彼らによくしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。そうすれば、あなたがたの受ける報いはすばらしく、あなたがたは、いと高き方の子どもになれます。なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。

 ああ、なんだかね?大丈夫かな?私の知識が・・・こりゃ、次回検討だな・・・国連に金を出しても、自ら愛するものであるのなら・・・当然の事・・・?まあ、私の妄想だから・・・世間一般の認識ってのはこの演説のようなものなのかね?私が私の中に積み上げてきた知識というのは・・・私の妄想の産物かね?

2015.03.18

  

関係ないが興味深いもの
 今回は無し

時々チェックすべきもの

 首相官邸ホームページ
 The White House
 U.S. Department of State
 United States Department of Defense (defense.gov)
 世界のビジネスニュース(通商弘報) - ジェトロ

 聯合ニュース
 AJW by The Asahi Shimbun
 日刊ゲンダイ
 List of national newspapers - Wikipedia, the free encyclopedia
 一般社団法人 日本経済団体連合会 - Keidanren

 外国人投資家動向チャート

 International Institute for Strategic Studies IISS
 Chinese Military Review
 外邦図 デジタルアーカイブ - GAIHOZU Map Digital Archive
 近代デジタルライブラリー - 検索結果 日露戦役写真帖
 近代デジタルライブラリー - 朝鮮旅行案内記
 近代デジタルライブラリー - 朝鮮港湾要覧
 近代デジタルライブラリー - 検索結果 朝鮮群書大系
 近代デジタルライブラリー - 朝鮮鉄道旅行便覧
 近代デジタルライブラリー - 検索結果 新興産業の基礎知識
 近代デジタルライブラリー - 地方行政区域名称一覧
 近代デジタルライブラリー - 朝鮮各道府面間里程表
 近代デジタルライブラリー - 検索結果 最近に於ける注目すべき発明考案
 近代デジタルライブラリー - 検索結果 国産機械図集
inserted by FC2 system