現在をうろうろ(3337)
日本貧窮者経済新聞
 農業のIoTを実装するためには・・・?(285)

 さて、今日も安価な苗を大量に・・・という奴ですね・・・この間のエンドウは何本も苗が取れなくてね・・・理由は見当は付きますが・・・不明ですね。多分、肥料の関係でしょうね・・・?高度化成でやられた可能性が高いような・・・?浸透圧・・・?まあ、今回はどうなるか?という感じですね・・・

今日の獲物は左の奴ですね・・・ただ、ちょっと元気が無いような?もう少し、買う段階でよく見れば良かったかな?とかね・・・切ったばかりのはずなのに・・・切り口が黒くなってるね・・・

 これって・・・ポリフェノール?による褐変?根の一部も黒くなていますね・・・

 軽く引っ張って解して・・・右のようになりますね・・・絶対にきれいに解せないと思っていましたがね・・・初めての時は悩みましたからね・・・意外と植物の根は切れないものだと理解しましたね・・・

 黒化は進まない様なのでOKですかね?一応、如雨露で水をたっぷりかけて・・・植え付けですね・・・

 半分ぐらい土を・・・左の奴はリサイクルというか、栽培をしくじった奴・・・海砂を使った実験の失敗したやつ・・・こいつで再チャレンジ・・・並べて、土を入れてやれば・・・

 一見すると普通の苗のような雰囲気ですね・・・今回は、水耕栽培ではなく・・・薮の周囲に植えてやろうと考えていますから・・・根毛なども充分に出させないといけないかと・・・いつものe-kagen水耕栽培とは違って比較的普通に苗つくりをスタートですね・・・まあ、スタートが間違っているとも言えますがね・・・普通は種まきから始まるわけですからね・・・

 近頃は、難発芽種子は面倒なので、スポンジの上に種子を播いて水を与えて発芽させてから移植したりしますからね・・・それからすると大差はないですね・・・

 先日のエンドウは・・・左のような感じに育ちましたね・・・9cmポットに植えてあるのは・・・このままライフサイクルが終わるまで栽培する予定になっていますからね・・・

 今回のソラマメはちゃんと土耕へ移行しますから・・・トレイにはビニールを敷かずに・・・葉がしっかりと出て根が安定するまで普通に育苗ですね・・・さて、上手く行くやら・・・?まあ、普通に食べる部分は既にスープに入っていますからね!既に、上前は刎ねてあるありますからね・・・全滅しても悔いは無いですが・・・小粒のソラマメですから・・・早生種?それなりに収穫できたら・・・スープに良さそうですからね・・・摘心もそのうちしていきますから・・・芽が食えるね・・・

 今回の残滓は右のようなものですね・・・手荒に扱っても、意外と根は切れないものですね・・・未発芽の種子は・・・貧乏なので、一応は植えて・・・そのさらに残りが右の物ですね・・・これも一応は発芽の可能性があるので・・・そこらに適当に植えましたが、どうなる事やら?

 今回の作業成果物は左のようなものですね・・・あとは、毎日水やりをしてやればOKでしょうね・・・96本を左のように植え付け・・・その残りも植えましたから・・・上手く行けば100本ほどのソラマメが・・・わさわさと・・・また夢を見ていますね・・・

 しばらくは、左の場所で生きてもらう事になりますね・・・まあ、日々実験という感じですね・・・左の奴は・・・以前失敗したやつとか栽培が終了して使用済みの土置き場の奴や・・・新しい培養土とか・・・色々と取り混ぜていますからね・・・安定して生育してくれればOKですがね・・・

 究極のリユースというか・・・成長するゴミ・・・というか?面白いね・・・まあ、一応は生きているものですからね・・・上前を撥ねるだけでなく・・・子々孫々まで・・・人間の業かね?種子が取れたら、また・・・発芽させて・・・なんだか、地獄のような話になるね・・・親の因果(私の所に来たこと)がこの子に報い・・・かわいそうなのはこの子でござい・・・となるのかね?まあ、沢山取れると良いのですがね・・・

 さて、我がe-kagen植物工場もほぼ全力操業中という感じですね・・・私の所の栽培単位は稲の苗のトレイで・・・現状で50枚のトレイが活躍中ですから・・・1500ぐらいの奴隷状態の野菜が日夜私の搾取へ向けて生き残りをかけて活躍中ですね・・・

 右のセリなどは・・・良く死ななかったと・・・昨年の暮れから栽培を開始して春先に腐りかけた株の先に伸びたやつを挿して忘れていた奴ですね・・・セロリを整理していて発見したものですが・・・よく生き残ったものだと・・・植物はなかなかしぶといね・・・

 先日の養液が酸性になりつつある中で不調になりそうな左のクレソンも調子を取り戻しつつありますね・・・

 こいつも伸びた部分を切って・・・食べずに挿し木しましたから・・・この樋の栽培システムもこいつの系統の奴が繁茂することになるでしょうね・・・

 どうやら、うまく根付きつつあるようですね・・・この調子なら、クレソンも随分と食えるようになると思われますね・・・

 湛液型の水耕栽培ユニットも稼働させますかね?こいつは4基ありますからね・・・ただ、あまり普通過ぎて面白くないとも言えますがね・・・手間もかかるし・・・まあ、使用する養液が多い、支持体が面倒ですからね・・・昨年の栽培場は実はすごい事になっていますからね・・・

 このシステムは・・・多分、稼働は考えにくくなっていますね・・・まあ、それなりの成果は出ましたがね・・・システムの製造が面倒ですから・・・イネ苗のトレイとビニール、セルポットとポットの組み合わせが楽で、これに落ち着いちゃいましたからね・・・

2017.10.08

  

関係ないが興味深いもの
 今回は無し

時々チェックすべきもの


 首相官邸ホームページ
 国会提出法案|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ
 The White House
 U.S. Department of State
 United States Department of Defense (defense.gov)
 世界のビジネスニュース(通商弘報) - ジェトロ
 銘柄一覧 日本取引所グループ

 聯合ニュース
 AJW by The Asahi Shimbun
 日刊ゲンダイ
 List of national newspapers - Wikipedia, the free encyclopedia
 一般社団法人 日本経済団体連合会 - Keidanren


食べ物が・・・

 野菜ナビ

inserted by FC2 system